不妊症・婦人病

不妊症でお悩みの方・治療中の方、是非一度、ご連絡下さい。
TEL
055-948-4775
高プロラクチン血症
不妊症の原因として、「高プロラクチン血症」と診断される方が増えています。

・「プロラクチン」ってなに?
「プロラクチン(PRL)」は脳下垂体前葉より放出されるホルモンで、乳腺を刺激して乳汁を分泌させる催乳ホルモンです。
妊娠・出産によりプロラクチンがたくさん分泌され、母乳が出るようになりますので、とても大切なホルモンであるのですが、妊娠していない女性でプロラクチンが高いと問題が起こります。

・高プロラクチンと不妊症
高プロラクチン血症が不妊症の原因となるのは、妊娠するために大切な女性ホルモンの分泌や卵巣・子宮の働きにブレーキをかけてしまうからです。これにより、排卵障害・月経不調など起こります。授乳中は月経がなく、断乳すると月経が起こり妊娠が可能になるのはプロラクチンの作用です。


高プロラクチンの検査
高プロラクチン血症の検査では、血液中に15ng/ml以上のプロラクチンがある場合を陽性としています。また、検査では15ng/ml以下で母乳の分泌もないのですが、ストレスがあったときなどにプロラクチンが高くなる潜在性高プロラクチン血症もあり、やはり不妊症の原因となります。潜在性高プロラクチン血症はTRHテストという負荷テストでわかります。潜在性高プロラクチンはTRHtest15分で70ng/mlを陽性とします。(TRH-甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン)

・臨床症状

高プロラクチン血症の方は、乳房の張痛があったり、出産もしていないのに母乳が出ることがあります。(乳首をつまんで分泌液が出る)

乳房張痛、乳汁漏出、月経不順、無排卵月経、無月経、不正出血、排卵障害、不妊、性欲低下、習慣性流産など
・高プロラクチンの対処
高プロラクチン血症を治療する西洋薬もあり、パーロデル(メシル酸プロモクリプチン)、テルロン(テルグリド)などが代表的です。これらの薬で改善されない場合や副作用(吐き気、めまい、頭痛、不眠など)のため服用できない場合には、漢方生薬のひとつである「炒り麦芽エキス」」を使用することをお勧めしています。炒り麦芽は授乳期の乳汁分泌を抑制して退乳させる時に使われていましたが、高プロラクチン血症にも使用するとよいです。

・漢方医学での高プロラクチン血症の対処法
高プロラクチン血症は漢方的にみて、肝鬱気滞、肝鬱化火に腎陽虚、腎陰虚、於血などが絡み合っているケースが多いようです。
つまり、高プロラクチン血症は、ストレスが強い、イライラ、心配、不安、不眠などの精神・情緒が不安定な方に多く、基礎体温が不安定、排卵痛や生理痛がある、手足の冷えや肩こり、頭痛などのホルモンバランスや血液循環の不調も見られます。
 したがって、高プロラクチンによる不妊症の改善には次のような総合的な対処をします。
ストレスや精神神経・自律神経の乱れを整える漢方薬
 +子宮や卵巣の働きを助け、女性ホルモンのバランスを整える漢方薬
 +血液循環を良くする漢方薬

 具体的な処方は、その方の体質や症状によって違います。詳しくは問診票・電話にてご相談下さい。